AGAの治療法

AGAの治療法は、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」を基準として、クリニックなどで採用されています。

日本皮膚科学会オンライン「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」

https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

AGAの治療法① フィナステリドの服用

AGAの治療法として広く採用されているものに、フィナステリドの服用があります。フィナステリドは、AGAの原因となるジヒドロテストステロンの生成を妨害する働きがあることが報告されています。

フィナステリドは、男性型のAGAには有効とされていますが、女性型に用いられることはありません。フィナステリドは、内服薬「プロペシア」として処方されます。ファイザーなどのジェネリック医薬品を選択できるケースもあるようです。

AGAの治療法② デュタステリドの服用

デュタステリドは、前述したフィナステリドと同様、ジヒドロテストステロンの生成を妨げる作用があると言われています。具体的には人体にある酵素5αリアクターゼを抑制することで、男性ホルモンテストステロンと結合することを防ぎます。

デュタステリドは、「ザガーロ」という名称の医薬品が処方されます。こちらも女性型のAGAには処方されることはありません。

AGAの治療法③ ミノキシジルの塗布

ミノキシジルは、もともとは血管を拡張することを目的とした「降圧剤」として開発された薬品です。ところが臨床試験の結果、発毛効果があることが見つかったことから、薄毛や抜け毛の治療薬として採用されるようになりました。

ミノキシジルは、頭頂部などの薄毛部位に直接塗ることで、AGAの治療につながります。男性型のAGAはもちろんのこと、女性型のAGAにも使われる医薬品です。ミノキシジル配合の市販薬では、大正製薬の「リアップ」が代表的です。

それから上記の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン2017年版」によりますと、ミノキシジルを内服薬として使用するのは、避けたほうが良いとの見解が記されています。そのことから、ミノキシジルは、外用薬として認識した方が良いでしょう。

AGAの治療法④ 自毛植毛

フィナステリドやデュタステリドの内服や、ミノキシジルの塗布による治療法で改善しない場合、自毛植毛を医師から勧められることがあります。自毛植毛とは、自身の毛髪を薄毛の箇所に移植する手術です。後頭部の毛髪と毛包を、頭頂部などに移植するケースが代表的な手術法です。

まとめ

AGAの治療法は、日本皮膚科学会によるガイドラインに基づいて実施されています。信頼できる医師と相談しながら、二人三脚で治療を進めていくことをおすすめします。

コメント